園での過ごし方

京都市左京区の幼稚園 下鴨幼稚園 > 園での過ごし方

下鴨幼稚園の一日

登園 登園イメージ

「せんせ~い、おはようございます!」お家の人と手をつないで元気に登園!
今日はどんな楽しい事が待っているかな?
⇒送迎については、こちらをご覧ください。

すきな遊び
すきな遊びイメージ 自分の遊びたい遊びで思いっきり遊びます。今日は何して遊ぼうかな??
朝のあつまり、お祈り 朝のあつまり、お祈りイメージ

クラスのお友達や先生と朝の挨拶を交わしたり、出席を調べたり、お祈りをします。「今日もみんな元気に幼稚園に来られることができました。ありがとうございます!」
※毎週金曜日はお礼拝。礼拝堂で聖書のお話を園長先生から聞き、讃美歌を歌いお祈りを捧げます。

クラスの活動
クラスの活動イメージ クラスに集まって、クラスのみんなと一緒に先生が設定した様々な活動を行います。
※水曜日は、年長さんと年中さんのみ体育遊びの時間になります。
お弁当 お弁当イメージ

おいしい♪楽しい♪お弁当の時間♪ 机を囲んでお友だちと楽しく話しながら・・・大きなお口でパクリ。
※月曜日のみパン給食を行います。火・水・木・金曜日はお弁当です。

すきな遊び
すきな遊びイメージ おいしいお弁当を食べた後は、朝の遊びの続きをしたり、元気いっぱいお外で走り回ったり、お友達と自由に思いっきり遊べます。
帰りのあつまり 帰りのあつまりイメージ

そろそろお帰り。かばんに帽子に・・・忘れ物はないかな?
先生、お友達にさよならのご挨拶。明日も仲良くあそびましょうね。

降園

また明日、元気にあそぼうね!
※月・火・木・金曜日は午後4:30まで、水曜日は午後3:30まで預かり保育(おひさまクラス)を実施しています。
⇒預かり保育(おひさまクラス)については、こちらをご覧ください。

特色ある保育

楽しみながら体と心を育む

– 体育あそび

近年子どもたちの体力の低下がいわれています。下鴨幼稚園では毎週水曜日に体育遊びを行っています。京都府健康体力づくり協会の先生が子どもたちを指導してくださいます。ボール、跳び箱、フープ、鉄棒、マットなどを使い、友達と共に体を動かす楽しさを経験し、体力も次第についていきます。冬は賀茂川までマラソンにも出かけます。自分の身を守ること、体を動かすことで心も強くなっていきます。

– キッズリトミック

子どもたちは踊ることが大好きです。音楽が聞こえてくると身体が自然に動きます。下鴨幼稚園では、みんなと一緒に踊る「楽しさ」「心地よさ」を感じる事を大切にし、日本幼児教育研究会の先生に、リズム遊びの指導をしていただいています。手にかわいいリボンや鈴をつけて音楽に合わせながら、1人で踊る楽しさ、2人、3人、4人・・と多人数で踊る楽しさを経験すると共に、協調性も育まれます。

「おいしいね」を大切に

– みんなで作ろう!食べよう会

子どもたちがそれぞれの年齢に即したかかわり方で一つのごちそうを作る、これが“みんなで作ろう!食べよう会”です。毎月1回行っています。自分達で作る喜びを知り、また今まで嫌いであったものでも自分が作ったことにより、おいしく食べることが出来ます。

<メニュー例>
カレーライス、焼きそば、肉じゃが、ハヤシライス、おでん、さつま汁、クリームシチュー、お好み焼き、ミートスパゲティ、サラダ、おにぎり、三度豆の胡麻和え、みたらし団子、フルーツゼリー、スイートポテト

目に見えない尊い存在を知る

– お礼拝

毎週金曜日はお礼拝です。礼拝堂で聖書のお話を園長先生から聞き、讃美歌を歌いお祈りを捧げます。礼拝の始めには子どもたちが鐘を鳴らし、ロウソクに火をつけて礼拝のお手伝いをします。また、毎月聖書のみ言葉を覚えていきます。クラスでは毎日、朝の集まりの時にお祈りします。お友達のこと、家族のことなど、自分たちの周りのことに目を向け、神様に守られていることへの感謝の気持ちが、お祈りを通して子どもたちの心に浸み込んでいきます。尊い方の存在を知り、生きているすべてのものに命があること、命の尊さも学んでいきます。

Copyright © 2016 Shimogamo Kindergarten All Rights Reserved.
京都 幼稚園 少人数・手作り保育の下鴨幼稚園 - 2歳児保育、満3歳児保育、預かり保育 など、子育て支援にも力を入れています。